読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン休日副業で月10万円以上目指すページ

普通のサラリーマンが副業で月10万円以上稼ぐ方法を一挙公開

FXやるならトラップリピートイフダンが最強!アルゴ取引で簡単に不労所得を手に入れる方法とは・・・

はじめに

ミセス・ワタナベという言葉はご存知でしょうか?

 

家事の合間にスマートフォン片手にFX(外国為替証拠金取引)に興じる日本人の奥様たちのことで、その取引量は年々増加しているそうです。しかし、FXは信用取引。元本以上の損失を出してしまう可能性があることをどれくらいの人が想像できているのでしょう?

 

FXのリスクを最小限にそして確実に稼ぐためには、アルゴ取引(コンピュータによる自動売買)が有効と考えています。そもそも人間は周りに流されやすいもの。株が上がって大儲けしたと聞けば買いたくなるし、株が暴落したと聞けば売りの恐怖に襲われる。最初からリスクを見積もり、ここまで上がったら利益確定する、ここまで下がったら損切りするというのを決めておけばこんなことにはならないのですがね・・・アルゴ取引なら予め決められたルールを設定しておくだけで、人間の心理に影響されず自動売買を繰り返しますので、そのような事態を回避できます。

 

アルゴ取引の敷居は年々下がってきており、我々一般のトレーダーでもフリーのツールで簡単に行えるようになりました。MetaTraderなんかが有名ですね。本日はM2J(マネースクエアジャパン) のアルゴ取引の目玉「トラップリピートイフダン」について解説したいと思います。

 

トラップリピートイフダンとは

FXのアルゴ取引で使用するアルゴリズムの一つです。①イフダン、②トラップ、③リピートの3つのアルゴリズムを組み合わせます。

 

f:id:linuxdiary:20130728104440p:plain イフダン

下がったら買い、上がったら売るというアルゴリズムです。

f:id:linuxdiary:20130814122602j:plain

 

f:id:linuxdiary:20130728104440p:plain トラップ

複数の注文を等間隔に仕掛けておくアルゴリズムです。

f:id:linuxdiary:20130814122843j:plain

 

f:id:linuxdiary:20130728104440p:plain リピート

同じ注文が自動的に繰り返されるアルゴリズムです。

f:id:linuxdiary:20130814122934j:plain

 

アルゴリズムと聞いて複雑なことでもやっているんじゃないかと思った方もいるかと思いますが、ある通貨を下がったら買い、上がったら売るという単純なアルゴリズムをひたすら繰り返すいたってシンプルなアルゴリズムです。何だか当たり前のこと過ぎて拍子抜けしてしまいますが、人間は欲の張った生き物らしく、なかなかこれができないんですね~(上がる時はまだ上がると思ってしまうし、下がる時はまだ下がると思ってしまう)

 

まずはバーチャル取引から始めよう

アルゴ取引では実際にお金が絡んできますので、まずはバーチャル取引で十分練習されることをおすすめします。損失のリスクなど見計らった上で取引を行いましょう。

 

 

まずはマネースクエアジャパンのHPからバーチャル取引の登録を行ってください。トラリピFXバーチャル会員登録から登録します。

 

登録が完了したらバーチャル取引トップページに移動し、トレードログインをクリックします。

 

f:id:linuxdiary:20130814124151j:plain

 

トレード画面の左メニューからトラリピを注文するをクリックします。

f:id:linuxdiary:20130814124300j:plain

 

取引する通貨を選びます。アルゴリズムの性質上なるべくボラティリティの高い(値動きの激しい)通貨の方が約定数が多くなり儲かります。豪ドルがボラティリティが高く一番オススメです。

f:id:linuxdiary:20130814125023j:plain

 

 買うか売るかを選択します。基本的にはスワップポイント(利息配当)がもらえる買うを選択したほうが良いです。

 

f:id:linuxdiary:20130814125638j:plain

 

下がったら買うをクリックします。

f:id:linuxdiary:20130814130030j:plain

 

いくらから買い始めるかを決めます。今のレートより安い価格を入力しましょう。

f:id:linuxdiary:20130814130109j:plain

 

一つのイフダンで何万通貨注文するかを選択します。1,000通貨くらいにしておきます。

f:id:linuxdiary:20130814130147j:plain

 

何本のイフダンを出すかを設定します。

f:id:linuxdiary:20130814130249j:plain

 

何円おきにイフダンを並べるかを決めます。89.1円から0.5円毎に10本イフダンを1000通貨毎に並べた場合、84.1円まで0.5円ごとに発注が自動的にかかり、最大1万通貨保有することになります。

f:id:linuxdiary:20130814130333j:plain

 

必要な証拠金額を確認します。34760円あればこの取引は可能ということです。

f:id:linuxdiary:20130814130605j:plain

 

1本あたりいくらの利益を狙うかを設定します。イフダンを0.5円*1000通貨で並べていますので基本的にはこの幅と同じ500円にします。

f:id:linuxdiary:20130814130706j:plain

 

損切り設定です。やっておくほうが無難でしょう。

f:id:linuxdiary:20130814130853j:plain

 

豪ドルが60円まで下がったら損切りすることにしてみましょう。(よっぽどここまでの円高に見舞われるとは考えにくいが)

f:id:linuxdiary:20130814130925j:plain

 

最大ここまで損しますよというのが表示されます。豪ドルが60円になるなんてあまり考えにくい状況ですが、仮にそこまで下がったとしても269500円しか損しません。このようにリスクを見える化して取引できるのは安心ですね。

 

f:id:linuxdiary:20130814131029j:plain

 

最後に注文を完了させましょう。

f:id:linuxdiary:20130814131218j:plain

 

 

これでトラップリピートイフダンの発注は完了です。あとは本当に放置しておくだけです。勝手に相場が動いて勝手に自動売買されて勝手に儲かります。豪ドルを0.5円置きに1000通貨で取引すれば月5千円~1万円程度の小遣い稼ぎになります。リスクをもう少しとれば利益も増えますので、バーチャル取引で色々な取引パターンを試してみてはいかがでしょうか?

 

FXトラリピの教科書

FXトラリピの教科書

マネースクウェア・ジャパンのトラップリピートイフダン―果報を寝て待つFX

マネースクウェア・ジャパンのトラップリピートイフダン―果報を寝て待つFX